2009年12月13日

もう喋るなよテレンス・・・

重傷のテレンス・リー、暴行は「私だから耐えられた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091213-00000504-sanspo-ent
 
自称・元傭兵でタレントのテレンス・リー(45)が情報バラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)の電話インタビューに応じ、今月9日に路上で暴行を受け全治1カ月の重傷を負ったことについて語った。

【写真で見る】屈強な肉体を持つテレンス・リー

 テレンスは「路上で因縁をつけられ、抵抗せずに相手が納得するまで殴らせた」と当時の状況を説明し、「普通の人なら死んでる。私だから耐えられた」と肉体の強靭さをアピール?した。

 かつて自らの著書で「街でからまれたらプライドを捨てて逃げていただきたい」と書いていたことを指摘されると、「現場に犬がつながれていて、その犬が怯えていたのでかばった」と弁明した。

 最後にテレンスは「街は戦場。いつ何時どこから危険という弾丸が飛んでくるかもわからない。みなさんもそれを踏まえて、よき年末年始を過ごしていただきたいと!」と視聴者にメッセージを送った。

以上引用終了
今は何を喋っても痛々しいだけですよテレンス・・・。
「今日はこのくらいにしといたるわ!」って池乃めだか師匠みたいにしか思えてこないわけで。
豪語するくらいの力量が本当にあるのなら殴られてもきちんと防御したり、組み伏せて無力化することくらいできそうですからね。
サンジャポファミリー故に今回の電話インタビューに答えたんでしょうけど、ほとぼりが冷めるまでテレビには出られそうにもないです。
自分の危機管理も儘ならないような人がどうやって人の危機管理を教えられるのかと。
 
ケガもそうですけど、自分の名誉のためにも今は大事にご養生の程を。
posted by カミュ at 20:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。