2010年09月30日

20光年、遠いとみるか近いとみるか

第2の地球発見? =20光年離れた惑星―米
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100930-00000067-jij-int
【ワシントン時事】米カリフォルニア大学サンタクルズ校などの天文学者グループは29日、地球から約20光年離れた赤色わい星グリーゼ581の近くに、生命が存在する可能性のある新たな惑星を発見したと発表した。
 同校の声明によると、新たに発見された惑星グリーゼ581gは、地球とほぼ同じ大きさで、質量は3〜4倍。大気圏を形成する重力があり、生命に欠かせない水が存在する可能性が高いという。 

以上引用終了
今更書くのもなんなんですけど、光年は時間ではなく距離です。
光が一年かけて進む距離、これはメートル換算で約9兆4600億キロメートルですので、20光年ということでしたら約200兆キロメートル・・・。
ハヤブサが約60億キロを旅してきて先ごろ話題になりましたが、約3万数千回分の距離をたどる必要があります。
天文学のニュースを見るのが好きな方にとっては「20光年?おお近い!」って直感的に思ったことでしょうけど、こうやって我々の馴染みのある単位に置き換えると果てしなく遠いことが実感として分かるのではないかと思います。
 
恒星に比べ、光も電波も放出しない惑星の探索はこれまで大変な苦労をしてきたものです。
しかし、観測技術の進歩はここまでできるようになったのは驚きと共に将来へ大いなる成果を期待せずにおれませんね。
もしいるとすればどんな生命体がいるのか、興味がつきません。
posted by カミュ at 22:40| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164265097
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。