2010年10月06日

今年もノーベル賞、だけど・・・

嫌なニュースばかり続くここ最近ですが、喜ばしいニュースがw
鈴木、根岸氏に化学賞=新触媒反応開発、製薬など貢献―ノーベル賞、日本人計18人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101006-00000116-jij-soci
スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2010年のノーベル化学賞を、有機合成化学の新たな触媒反応を開発した北海道大の鈴木章名誉教授(80)と米パデュー大の根岸英一特別教授(75)、米デラウェア大のリチャード・ヘック名誉教授(79)に授与すると発表した。
 授賞理由は「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング反応」。反応しにくい炭素原子を組み合わせ、製薬やエレクトロニクス産業に役立つ有機化合物を生み出す画期的な手法が高く評価された。
 日本人のノーベル賞は、08年に益川敏英名古屋大特別教授(70)ら4人が受賞して以来。米国籍の南部陽一郎シカゴ大名誉教授(89)を含め、計18人となった。化学賞は08年の下村脩・米ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員(82)以来で計7人となり、物理学賞と並び分野別で最も多い。 

以上引用終了
なにはともあれおめでとうございます。
しかし、こういうニュースを聞くにつけ科学関連の予算を削減を仕分けした民主党がますます憎くなります。
どうせまたはやぶさの地球帰還の時みたいに日和って「基礎研究をおろそかにしているつもりはない」とかまた蓮舫がほざくのかと今から予想できて欝になっている次第ですわ(苦笑)。
嘘つきどもめ
 
来年度の概算要求に10%のシーリングをかけて国立大学を壊滅に追い込もうとしている現実をどこもかしこもきちんと取り上げようとしないマスコミに対しても怒りを感じます。
6年間で10%減らしてきた国立大学に1年でそれをやれとはなんという暴挙!
 
今、NHKのニュースを見てても単純に「ノーベル賞受賞すごい!」ばっかりでそれとは逆に瀕死に追い詰められようとしている国立大学の現状を無視するのは許しがたいことです。
無知って嫌ですね。
posted by カミュ at 21:42| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。