2011年02月03日

大相撲、終わりの始まり・・・?

力士「八百長」認める、メールに13人の名
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110202-00001200-yom-soci
大相撲の野球賭博事件で警視庁が押収した力士らの携帯電話から八百長相撲を疑わせるメールが見つかった問題で、日本相撲協会が2日午後、メールをやり取りしていたとされる力士らから事情聴取したところ、十両力士の千代白鵬(27)(九重部屋)が、「八百長をやりました」と関与を認めていたことが、複数の相撲協会関係者への取材で分かった。

 文部科学省によると、メールに名前などが出ている力士は13人に上り、協会はうち12人から事情を聞いた。不祥事の相次ぐ同協会だが、競技そのものでの疑惑発覚で、「国技」の信頼を揺るがす事態に発展した。

 捜査関係者などによると、八百長相撲が疑われるメールは、千代白鵬と、元幕内の春日錦(現・竹縄親方)(35)の2人の携帯から見つかった。昨年の春場所(3月14〜28日)や夏場所(5月9〜23日)にメールをやり取りしていた力士は千代白鵬など4人で、そのメールに名前が出てくるのは9人の計13人だった。

 メールの中には、「1つ貸しているので、あと20で利権を譲りますがどうですか」「今日はまっすぐ思い切りあたっていきます」など、勝ち星の貸し借りやカネのやりとり、取組内容などについて、詳細に打ち合わせをしたと思われる文面があった。実際、夏場所では、前日にやり取りされたメールの内容に沿ったとみられる取組もあった。

以上引用終了
この問題って昔からまことしやかに囁かれてきていましたよね。
それが今回、こんな形で降ってわいたのは皮肉な形ではありますけど、遅かれ早かれ発覚するべくして発覚したことではないでしょうか?
しかし、ずいぶんストレートにやりとりしているものですね。
もう少しひねってたとえば縦読みの中に隠したり巧妙にやればいいのにとか思うんですけど。
悪いことと本気で理解しているのか怪しいものです。
 
ここまできたら文部科学省も公益法人の認可を取り消すべきじゃないでしょうかね。
そして日本相撲協会は解散して社団法人で「新日本相撲協会」でも立ち上げるべきじゃないかと。
対抗して全日本相撲協会なんて立ち上がって抗争になったらそれはそれで(ry
 
抗争云々は冗談ですが、社団法人で別団体を組織してまさに「解体的出直し」が求められているのではないでしょうか?
今の財団法人としての恩恵に日本相撲協会が甘えすぎているという側面は否定できません。
posted by カミュ at 22:21| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184229820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[大相撲]それで終わりとは誰も思ってないわけで
Excerpt: 年に一度の大阪場所ですし、いろいろあっても楽しみにしていた方も多分いらっしゃるん
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2011-02-05 21:30

大相撲春場所が八百長問題の影響で開催中止。
Excerpt: 現役力士たちの八百長疑惑が波紋を呼んでいる大相撲。その影響で「大相撲トーナメント」、「NHK福祉大相撲」といったイベントが中止となりました。八百長発覚から4日が経った6日、日本相撲協会は3月13..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2011-02-07 13:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。