2010年09月24日

最低極まりない決着

漁船衝突 中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100924-00000012-maip-soci
縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)近くで中国漁船が日本の海上保安庁巡視船「みずき」に衝突した事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害容疑で逮捕・送検された中国人船長、※其雄(せん・きゆう)容疑者(41)を処分保留で釈放すると発表した。鈴木亨次席検事は記者会見で「我が国国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、これ以上身柄の拘束を継続して捜査を続けることは相当ではないと判断した」と述べ、日中関係悪化が判断材料となったことを認めた。日本政府は「捜査上の判断」(仙谷由人官房長官)、「指揮権を行使した事実はない」(柳田稔法相)などと「政治的な配慮」を否定しているが、対抗措置を強めた中国側に譲歩したとの印象はぬぐえず、対中国外交で禍根を残す結果になった。

【写真で見る】尖閣諸島とはどんな島か 日本の領有権についても解説

 那覇地検は手続きが終了次第、※船長を釈放する見通しで、24日中にも中国のチャーター機で帰国するとみられる。

 石垣海上保安部によると、※船長が中国人船員14人と乗り組んだ中国漁船は7日、尖閣諸島・久場(くば)島の北西約15キロの日本領海内で、追跡中の巡視船に衝突した。石垣海保が※船長を逮捕し、他の船員は13日に帰国した。※船長は衝突したことは認めているが、故意ではなかったと主張していた。

 鈴木次席検事は記者会見で「漁船を巡視船に故意に衝突させたことは明白で、危険な行為だった」とする一方、(1)巡視船の損傷は航行に支障が生じるものではない(2)巡視船乗組員が負傷する被害がない(3)衝突は巡視船の追跡を免れるためにとっさの行為で計画性が認められない−−などを釈放理由とした。

 また、釈放決定が拘置期限(29日)の5日前になった理由について、鈴木次席検事は「必要な捜査がほぼ終結した」と述べ、今後の起訴の可能性について「尖閣諸島付近の海域の状況や日中関係の推移をみていくことになる。今は申し上げられない」と述べた。【井本義親】

 ※は「簷」の竹カンムリを取る

以上引用終了
こういう事は日本の法律に則って粛々とやればよろしい。
こんな「譲歩した」と思われかねない決定をすること自体、沖縄地検の馬鹿さ加減が明らかです。
司法は外交関係なんて考慮する必要なんてないんですよ。

大津事件を引き合いに出すまでもなく。
 
 
何で中国にそこまで配慮しなければならないのか。
情けない思いでいっぱいです。
ここで「しょうがないな」と大人の対応をすることは中国を図に乗らせるだけです。
冗談じゃないですよ。
公表しないだけで絶対に政府の思惑があるとしか思えませんね。
少なくともこの漁船団がビデオを持っていたのは間違いないようで、スパイあるいはわざわざ拿捕されて自国の領土であることをアピールするための作戦であるという疑いが濃厚なのにそれをみすみす釈放するなんて正気の沙汰ではないです。
これは追求をすべきですね。
絶対に。


posted by カミュ at 21:10| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

自分の保身が第一 千葉景子

民主党政権で初の死刑執行=法相自ら立ち会う―1年ぶり、篠沢死刑囚ら2人・法務省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000043-jij-soci
法務省は28日、宇都宮市の宝石店に放火し、女性店員ら6人を殺害した強盗殺人事件で死刑が確定した篠沢一男死刑囚(59)と、埼玉県熊谷市の4人殺傷事件で死刑が確定した尾形英紀死刑囚(33)について、刑を執行したと発表した。死刑の執行は昨年7月以来1年ぶりで、民主党政権下では初めて。
 死刑廃止論者だった千葉景子法相は同日の記者会見で、死刑執行に自ら立ち会ったことを明らかにした上で、東京拘置所の刑場を今後公開し、法務省に存廃を含めた死刑制度を考える勉強会を立ち上げる意向を示した。同省によると、法相が死刑執行に立ち会うのは初めて。
 勉強会は外部有識者からの意見も聞いた上で、結果を公表する方針。千葉法相は「死刑について広く国民的な議論が行われる契機にしたい」と述べた。
 千葉法相は、死刑執行の理由について「いずれも残忍な事件で、十分な審理を経て死刑が確定した」と述べた。前回から1年となるこの時期に執行したことには「さまざまなことを考えた結果だ」とした。
 法務省によると、未執行の死刑確定囚は107人となった。 

以上引用終了
一報に触れたとき、まさかatsuさんの抗議メールを見て執行をしていたのでは・・・?
なんて少し思ってしまいましたよ(苦笑)。
 
それにしてもわざわざ立ち会うあたりもパフォーマンス臭を感じます。
自分の政治的な都合で執行するように見えてしまうあたりこの人って議員どころか人間としても失格の烙印を押したくなるものです。

まあ法務大臣としてやって当たり前なわけで、こんなことをやろうと絶対に支持する気にはなれませんよ。
自分は死刑制度には賛成ですが、こんな政治的なショーアップを加えた執行は憤りを感じます。
お願いですから淡々と職務をやって・・・
いや、もうやらなくて結構、ですな。
何をやろうともう落選しているのですから速やかに辞任すべし!ですね。
 
しかし、この報を聞いてアムネスティやら亀井静香やらがアップを始めちゃったわけで、ほんとに大変なこってすねー(棒読み)
posted by カミュ at 22:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

あの市長にして・・・?

阿久根市懲戒免訴訟で高裁へ署名簿 市長派市民団体
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=25212
 
阿久根市の竹原信一市長が庁舎内に掲示させた職員人件費の張り紙をはがし、懲戒免職処分となった男性職員について、鹿児島地裁が処分取り消しを認めたのを受け、竹原市長を支持する市民団体は15日、公正な判決を求める署名簿を、控訴審がある福岡高裁宮崎支部に提出する。
 「公正な判決を求める市民の会」=石原康徳会長(62)、約60人=のメンバーが14日会見した。
 署名は6475人分。阿久根市民のほか、近隣市町や県外在住者が署名し未成年者も含まれる。5月から6月下旬に集められた。
 同会は「裁判所は市の内情を調べて判決を出してほしい」としている。同訴訟では市側が4月22日、地裁判決を不服として控訴。控訴審初弁論は今月23日。

以上引用終了
市の内情を知ろうがなんだろうが、張り紙を剥がしただけで懲戒免職になるなんて常軌を逸している行為でしかありません。
 
頭大丈夫ですか?>市長派の市民団体の方々
 
それにしてもあんな馬鹿なことばかりしているのにそれでも支持する人たちが6千人もいると思うと頭が痛いです。
まあどうせ専決ばかり乱発して市政が混乱の極みに達している以上、解散なり不信任決議なりで選挙は近いことでしょう。
その時どうなるか、けだし見者ですね。
posted by カミュ at 22:29| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

どいつもこいつも言葉が軽いな

あのルーピーだけじゃないってことですか。
これだから・・・。
 
蓮舫大臣が発言修正 「一番を目指すの当然」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000635-san-pol
 
蓮舫行政刷新担当相は17日、産経新聞などのインタビューで「(日本が)科学技術の分野で一番を目指す。あるいは他の分野でも一番を目指すのは当然だ」と述べた。昨年の行政刷新会議の事業仕分けで、次世代スーパーコンピューター開発に関し「2位ではだめか」とした自らの発言を修正した格好だ。

 蓮舫氏の発言をめぐっては野党が国会で追及したが、蓮舫氏は「発言の一部を切り取って指摘をされるが、事業仕分けは私の一言だけがすべてではない。事業仕分けは事業の手段が適切かどうかを問うのであり、指摘はまったくあたらない」と反論した。

 自民党が「いちばん。」のキャッチフレーズをポスターや参院選マニフェスト(政権公約)に使用していることについては、「どうぞご自由にということ」と述べた。

以上引用終了
この言葉であの事業仕分けが単なる茶番だったってことがさらに明白になりましたね。
言い訳をすればするほど見苦しいもの。
そのうち「鳩山VS鳩山」みたいに「蓮舫VS蓮舫」の動画が出てきますよ。
 
此の人に限らず、民主党の人々って自分の発言がとても軽くて気分悪いものです。
「綸言汗の如し」なんて高いハードルを要求するつもりはありませんが、せめて自分の発言が世にどういう影響をおよぼすのか少しは知恵を働かせてもらいたいものですな。


posted by カミュ at 22:40| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

最後まで迷走

今日は政界が激動した日でしたね。
記録のためにもエントリーを。
 
鳩山首相、1日夜側近に辞任の意向
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20100602/20100602-00000046-jnn-pol.html
 
突然の辞任の背景には、普天間基地の移設問題をめぐる社民党の連立離脱や、「政治とカネ」の問題で支持率が低迷し、「このままでは選挙を戦えない」と、参議院側から退陣論が噴出していたことや、社民党の連立離脱で終盤の国会運営が立ち行かなくなることへの強い危機感がありました。

 当初、鳩山総理は続投する考えを示していましたが、小沢幹事長との2度にわたる会談で、こうした厳しい情勢を伝えられ、1日夜のうちの決断にいたったとみられます。

 また、小沢幹事長の辞任を条件に自らも退陣することで、民主党をめぐるマイナス要因を一気に払拭し、支持率回復につなげたいという狙いも見えます。

 選挙の前に表紙を差し替えるやり方は、鳩山総理自身が野党時代に自民党を強く批判してきただけに、野党側は、さっそく「衆議院を解散して信を問うべきではないか」と批判しています。

 さらに、鳩山総理は正式な辞任会見を行わず、2日夜、記者団とのごく短時間の記者会見が設定されているだけです。両院議員総会では、鳩山総理は、おわびと辞任の経緯を説明するにとどまり、問題視されていた自らの発言の軽さなどには触れないままで、国民への説明責任を問う声も挙がりそうです。(02日17:10)

以上引用終了
先日のエントリーで辞めると思っていなかったことを書いていましたので、ただただ驚くばかりです。
この記事が示している通り辞めたところで投げたブーメランが次々と我が身に刺さってくる、これについていかがお考えでしょうかね?
しかし、この人って首相どころか政治家の資格すらないのですからさっさと議員辞職してもらいたいものです。
その前に逮捕が待っているかもしれませんけど。

色んな意味で史上最悪な総理大臣だったと思います。
あ、そうそう、これだけ書いておかないと。
この辞任で、自分らが批判してきた安倍・福田・麻生内閣よりも短命になったのはざまあみろとしかいいようがないですねw
さらにはかつて非自民政権ということで政権交代した細川内閣より短命だったそうで、党内基盤が脆弱だったかの政権と比較してもこの人の無能さが分かるものです。
と考えてふと思ったのですが、細川さんってあの不安定な8党連立政権で総理になったから行き詰まったと理解していますが、あの時に日本新党単独で政権に就いていたらもっと長くつづいていたのかもしれないですね。
 
話がそれました。
自分たちが散々批判してきた「政権のたらい回し」をこれからやろうとする民主党は今どういう気持なんでしょうかね?
posted by カミュ at 21:17| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(8) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。