2012年08月22日

24時間テレビ、嫌なら見るなというけれど

今年も不快な時期がやってきました。
何がって・・・・。
24時間テレビのあの不愉快な空気が。
 
 
 
どうしてこんな偽善にもならない番組が毎年毎年やっているんでしょうか?
もう止めればいいのにって毎年思うんですよね・・・・。
「嫌なら見るな」って言われてもチャリティを街角で目にしたりするのでどうしても目についてしまうわけで、ならばこうやってブログで声を上げるしかないのかなと毎年毎年思うので今年はちょっと早いのですが独立でエントリーをします。
 
 
24時間テレビで嫌なことは何か。
まず一つは「タレントにギャラを払っている」ということですね。
これは帰国子女である西田ひかるが会見席上でポツリと漏らした言葉から明らかになっているわけですが、こういうチャリティ番組ってお金をもらってやるのが普通なんですか?
こういうチャリティの発祥たる欧米では度々大物たちがノーギャラで集まり企画しているのを見ているわけで、それを鑑みれば日本のタレントたちの浅ましさが鼻につきます。
一般の人々からすれば桁違い(最近ではテレビ局の不況もあって減らされているとは聞きますけど)のギャラをもらっているわけで、むしろ1年にいっぺんくらいお金なんていらないからやるって姿勢こそが重要なんじゃないでしょうかね?タレントもテレビ局もそういう姿勢でやるのならむしろ支持できるんですけど。
 
まあ、それでタレントが拒否するようならもうこんな番組をやらなければいいわけで。
もうネタも出尽くしているだろうし。
企業もCM料を全額寄付とかすればいいのにと思います。
視聴率も高いそうで、テレビ局が高額のCM料をせしめながらチャリティっていうのは腑に落ちないものです。
 
 
もう一つは、「障害者をダシにしすぎ」ということですね。
ノーマライゼーションという言葉がありますけど、これは障害者であっても特別視せずに健常者と同一視できる環境を築くことが肝要じゃないんでしょうか?
むやみに「この人は障害者だ、でも頑張っている」みたいな話ばっかりにするのはいただけないんですが。
そうでなければテレビ的につまらないのかもしれないのですけど、それってそういう紋切り型にしか捉えられないテレビマンの怠慢じゃないんでしょうか?
この取り上げた方、そしてこの取り上げようは普段障害者の方々にスポットを当てないことに対する日本テレビのエクスキューズと捉えるのは穿ちすぎでしょうかね?
頑張らなくていいから普通に生活をすることを取り上げることこそがノーマライゼーションの真髄であり、必要なことだと思うんですけどね。

 
そして最後に「お涙頂戴ものにしすぎ」ということです。
初期の24時間テレビは番組の最中にアニメを流したりしていて必ずしもそうでなかったようですが(実際子供の頃見たときにそうだったことを覚えています)、マラソンを走り始めたあたりからそんな雰囲気になっているようです。
そもそも何で毎年毎年マラソンを走るのですか?
そしていちいち何ヶ月も前にランナーを発表しているんですか?
ずっと走っている、さあ感動しろって煽っているあたりが不愉快で仕方ないです。
あれこそは24時間テレビというものの終焉の象徴、日本テレビの企画力の無さを如実に物語っているものと思われます。
 
 
この3点、考えて整理した上での問題点です。
こうやって書いていても毎年同じように行われていくわけで、そこに絶望感を感じます。
願わくば目につかないところでやってほしい・・・。と考えるのはわがままなんでしょうか?
posted by カミュ at 19:52| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

ガチョーン!

一報を聞いてそれしか思いつかなかったですよ。
 
クレージーキャッツ 谷啓さん死去
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100911/t10013929431000.html
コミックバンド「クレージーキャッツ」のメンバーとして一世を風靡(ふうび)し、映画やドラマの名脇役としても活躍したタレントで俳優の谷啓さんが11日朝早く、東京都内の病院で亡くなりました。78歳でした。

谷さんは昭和7年に東京で生まれ、高校生のころにトロンボーンの魅力にひかれて中央大学在学中にプロのジャズバンドに参加して演奏活動を続けました。アメリカのコメディアン、ダニー・ケイにちなんで芸名を谷啓と名のり、昭和31年にハナ肇さんや植木等さんと出会って、のちのコミックバンド「クレージーキャッツ」に加入しました。テレビのバラエティー番組で谷さんは、口かずが少ないとぼけた芸風で、時折繰り出す「ガチョーン」や「あんた、誰?」などのギャグは一世を風靡しました。俳優としても多くの映画やテレビドラマに出演し、映画「釣りバカ日誌」シリーズやNHKの大河ドラマ「武蔵」などで名脇役として活躍したほか、去年まで出演したNHKの教養番組「美の壷(つぼ)」では、古美術などの魅力をわかりやすく語って親しまれました。所属事務所などによりますと、谷さんは、体調をくずして自宅で療養していましたが、10日午後6時ごろ、自宅の階段で倒れて顔などを打って病院に運ばれ、11日朝早く、脳挫傷のため亡くなったということです。

以上引用終了
夕方のニュース番組にて訃報に接した方のインタビューで「また昭和が遠くなった」ととコメントした人がおりましたまさにその通りだなと思います。
自分としては「笑う犬の冒険」にてオープニングを担当されたり「SWING GIRLS」でチョイ役で出ていたりして飄々としたその姿をよく覚えていたものですが本当に残念なものですね・・・。
ご冥福をお祈りします。
posted by カミュ at 18:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

もう無視すればいいんじゃない?

反省の言葉なし…エリカ様「想定外」会見でアクシデント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100316-00000019-ykf-ent
「別に…」発言がきっかけで日本の芸能界から距離を置いていた女優、沢尻エリカ(23)が16日、東京・新橋のホテル「コンラッド東京」で、たかの友梨ビューティクリニックの新CM発表会見に出席。2年半ぶりにマスコミの前に姿を見せた。

 約250人の報道陣が待ちかまえる中、沢尻はエステで磨いた美脚を見せつけるミニスカートに白いツーピース姿で登場。約8秒、深々と「90度」に上半身を折り曲げるおじぎをしてみせた。

  [フォト] 話題のCM写真&会見でのエリカ様

 司会のフリーアナウンサー、中井美穂(45)からあいさつをうながされると、白い歯がこぼしながら、「今日は…私はここに…何を伝えたらいいのか…ずっと考えて参りました。正直、不安もいっぱいありますが、どうか温かく見守っていただけるとうれしく思います」と、こみあげる思いをこらえながら、ゆっくりと礼を述べた。

 一連の騒動には「今回の始動に際しまして、大きな物議をまたしても呼んでしまったことを、私へのバッシングはともかく、たかの友梨、クライアントの皆様に大変なご迷惑を呼んでしまいました。とても残念に思っております」と、初めて自らの口で陳謝した。

 その後は中井アナからの質問に答える形で進行。CMのコピーの「沢尻エリカ、解禁。」についての印象には「まさに、カイキンですね」とニッコリ。事実上の謹慎期間に追い込まれた2年半については「私が求めていたのは普通の生活がしたかった。何気ない日々がとても刺激的で楽しかった」と振り返った。質疑が終わったときも、5秒以上の深々としたあいさつ。以前の高飛車的イメージ払拭に努めた。

 アクシデントがあったのは終了時。会見は出席者からの質問は一切認めないスタイルだったが、去ろうとする沢尻に、リポーター陣から「反省してるのか」「(沢尻サイドに不都合な取材を一切行わないと誓約させる)6箇条は撤回するのか」と矢継ぎ早に質問が投げかけられた。すると、沢尻は整然とした口調で「(撤回)するつもりはありません」「今回のことはスタッフが考慮したうえでしたこと。騒動に発展したのは想定外でした」と答え、マスコミへの反省の言葉はなかった。

 沢尻はこの日発売の女性自身や、17日発売の週刊文春では独占ショットのセミヌードを公開。一方で多くの新聞、テレビとの溝は埋まらないままの復帰となった。

沢尻エリカなんて興味ないですけど、あまりにも囂しいので書いておきます。
 
この誓約書も出す方も出す方でこんな喧嘩を売って取材を今後受けられなくなるリスクを背負うわけで、近い将来手痛いバッシングを受けることは見え見えです。
それも含めて「高飛車」なところをアピールせんがために出したのかもしれませんが、これは吉と出るやら。
少なくとも自分は「こんなの無視すれば?」ってしか思えませんけどね。
そこまでニュースバリューのある人とは思えませんし。
 
 
そしてそして取り上げる方も徹底的に黙殺してしまえばいいのに何取材しているんだか。
まあ、ある意味野村沙知代や細木数子とかを取り上げるみたいに「キワモノキャラ」と見なしているのかもしれませんが、こういうのは取り上げれば図に乗るものです。
そんなにたかだか青二才にナメられるのが嫌なら干せばいいのにとか思うんですけどね。
 
早くこの馬鹿騒ぎが過ぎて欲しいものですね。
posted by カミュ at 23:56| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

もう喋るなよテレンス・・・

重傷のテレンス・リー、暴行は「私だから耐えられた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091213-00000504-sanspo-ent
 
自称・元傭兵でタレントのテレンス・リー(45)が情報バラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)の電話インタビューに応じ、今月9日に路上で暴行を受け全治1カ月の重傷を負ったことについて語った。

【写真で見る】屈強な肉体を持つテレンス・リー

 テレンスは「路上で因縁をつけられ、抵抗せずに相手が納得するまで殴らせた」と当時の状況を説明し、「普通の人なら死んでる。私だから耐えられた」と肉体の強靭さをアピール?した。

 かつて自らの著書で「街でからまれたらプライドを捨てて逃げていただきたい」と書いていたことを指摘されると、「現場に犬がつながれていて、その犬が怯えていたのでかばった」と弁明した。

 最後にテレンスは「街は戦場。いつ何時どこから危険という弾丸が飛んでくるかもわからない。みなさんもそれを踏まえて、よき年末年始を過ごしていただきたいと!」と視聴者にメッセージを送った。

以上引用終了
今は何を喋っても痛々しいだけですよテレンス・・・。
「今日はこのくらいにしといたるわ!」って池乃めだか師匠みたいにしか思えてこないわけで。
豪語するくらいの力量が本当にあるのなら殴られてもきちんと防御したり、組み伏せて無力化することくらいできそうですからね。
サンジャポファミリー故に今回の電話インタビューに答えたんでしょうけど、ほとぼりが冷めるまでテレビには出られそうにもないです。
自分の危機管理も儘ならないような人がどうやって人の危機管理を教えられるのかと。
 
ケガもそうですけど、自分の名誉のためにも今は大事にご養生の程を。
posted by カミュ at 20:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

歳の差杉

石田純一、婚約発表も東尾修氏の了承はまだ「気持ちと覚悟をわかってもらいたい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090929-00000013-oric-ent
交際中のプロゴルファー・東尾理子と婚約したタレント・石田純一が29日、“公開プロポーズ”の模様などを独占放送した『ロンドンハーツ3時間スペシャル』(テレビ朝日系)の番組終了後に、東京・六本木の同局で婚約発表会見を行った。石田は、2人の交際について頑なに口を閉ざしてきた理子の父・東尾修氏の了承の有無を聞かれると「お母さんにはおめでとうと言ってもらったけど、(修氏からは)お言葉はなかった…」とし、現段階では未返答状態であることを明かした。ただ「納得していただいたとは思ってないけど、容認のような…」とも濁して「彼女としても父親の許可は欲しいみたいですから、気持ちと覚悟をわかってもらいたい」と真摯な対応で臨んでいく構えをうかがわせた。

【写真】手をつなぎラブラブの2人など、放送された“婚前旅行”の模様

 8月に理子とギリシャのミコノス島へ9泊11日の“婚前旅行”をし、8月16日の夜に石田が「生きていく限り大切にしていく」とプロポーズ。これを理子が承諾し、22歳差のビッグカップルが誕生した。石田はプロポーズが成功した心情について「改めて嬉しかったです」と頬を緩ませ、婚約指輪と結婚指輪をすでに用意していることも報告した。

 結婚にあたり、子供のことも話し合ったこともあったようで「3人くらい欲しい。(理子から)そもそもいるのに、作る気ある?と聞かれた時があって、あると伝えました」と意欲満々。「青木功さんには種あるのって言われたけど、大丈夫だと思う」と下半身にも自信をのぞかせた。入籍は早くても来年春以降に行う予定で「野球のない月曜で、春ですね」と修氏の野球関係の仕事を考慮して春を希望。番組では修氏に直談判する練習風景も放送された。

 2人は今年3月から交際をスタート。7月に会見を開いて交際宣言した際に石田は「“今度は”うまくやっていく自信がある」と3度目の結婚に向け、前向きに語っていた。

以上引用終了
いやぁ・・・。
自分が東尾修氏の立場ならこれはたやすく首を縦に振れないことでしょうよ。
自分と歳の変わらない人が義理の息子なんですから。
自分だけでなく世のお父さんはそう思ったことでしょう。
想像すると身の毛がよだつ思いにかられるものかと。
かように歳の差婚って回りも気にするものかと思いますけどね。
それだけでなくこの人の場合、×2なんですからなおさらです。
 
それにしても石田純一のあの癖は果たしてうまく収まるのでしょうか?
モテ男ですからかなり難しいのかもしれないです。
何にせよ幸多からんことを。
posted by カミュ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。